金融
(投資に向かってくれないと困るんです)



日本人が投資に向かわない原因


日本人が投資に向かわない理由は2つあるとのことです。
ひとつがバブル崩壊を経て、日本人の間に「投資=怖いもの」という印象ができてしまいした。
バブル崩壊によって多額の不良債券を抱えてしまい、その後のデフレもあり長く苦しい経済状況が続いていました。
その結果投資に向かい辛い環境が形成されてしまったようです。

つぎに、我々日本人はそもそも投資について何ら勉強をしたこともないので何をしてもいいのかわからないとの指摘です。
確かに学校の授業で投資について勉強したことはありません。
投資に対する漠然とした不安が先行し、「投資」に必要な「金融リテラシー」を学ぶ機会が皆無でした。
その結果、投資は怖いという印象を拭うほどの投資の価値が見いだせず、将来の資産形成について何をすればいいか全く分からなくなってしまうとのことです。




経済は強制的にインフレに向かっている

いままでは長らくデフレでした。
デフレ経済下では物の価値が下がる反面、お金の価値が増えてゆきます。
1,000円で100円のマックバーガーが10個買えるイメージですね。

逆にインフレだと物の価値が上ってしまいます。
物の価値が上がると需要と供給の関係により価格が上がります。
すると相対的にお金の価値は下がってゆきます。

インフレでマックバーガーが200円となってしまい、デフレ下で10個買えたのが5個しか買えなくなってしまう感じですね。

今、安倍政権ではアベノミクスのもと、デフレ脱却を重要な政策目標としています。
政府は2%の物価上昇率目標を達成すべく、財政・金融両面からの政策対応を積極的に行っています。

つまり、お金の価値が下がるよう仕向けられているにも関わらず、いままでと同じように貯蓄だけだと黙っていてもお金の価値が下がってしまうことになってしまいます。




インフレ時こそ積極的に資産形成を

インフレ時こそ積極的に資産形成をしてゆき、お金の価値が下がった分、投資で利益を得なくてはなりません。
なぜなら、物の価値が上がるため、相対的にお金の価値が下がり、今まで買えたものまでもが買えなくなってゆくからです。


将来を見据え、比較的安心できる投資信託での運用はやはり正しかったと、この記事を読んで思いました。


 
↓他の方のブログもよく書かれてます。ぜひお立ち寄りください↓
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ